ブログトリップ

ホテル&スイーツ&投資&税金の情報記事を発信中

ひとり投資会社の資本金と運用資金

ひとり投資会社の資本金は一体いくらにすればよいでしょうか?

会社法上は資本金規制がないため少資本(数十万円程度でも十分)で設立できることになります。

しかし、証券会社やFX会社の口座開設で最近100万円以上必要になることが多くなってきましたし、それなりの資本金は必要だと思います。

かといって、資本金1,000万円超にすると税金(均等割)が高くなったり、消費税の申告義務が生じてしまうので、300万円程度が無難なところといった感じでしょうか。

もし会社の運用資金が足りなければ、代表者から借入れすればよいのです。(役員借入金)

例えば、2,000万円の運用資金が必要であれば、300万円は資本金で、残りの1,700万円は役員(社長)借入金といった形で資金を調達し運用するのです。

実際にこうしたパターンの設立がほとんどで、最もスタンダードな方法です。

なお、法人化にあたり、証券口座の名義を個人口座から法人名義に変更できる場合、現物出資の形式よりも、会社設立後、時価譲渡(売買)の形式にした方が、実務上簡単に済むので後者の形式をおすすめしています。
※詳しくは専門家にご相談ください。

 

ひとり投資会社のつくり方

ひとり投資会社のつくり方