Travel Club

ホテル宿泊記・観光スポット・ランキングをテーマにおすすめ情報を発信しています

大手ホテルチェーン ランキング(客室ベッド)

 

イントロダクション

ブログ執筆者の宿泊体験をもとに、国内100店舗規模を誇るホテルチェーン*を個人的にランキングしてみました。

*ランキングするホテルチェーンは、ホテルルートイン、東横イン、アパホテル、スーパーホテル、ドーミーイン、コンフォートホテルを対象にしています。

この記事では、客室ベッドの快適度をランキングしています。

客室ベッドは、ホテル運営で重要視される3B戦略(朝食Breakfast、ベッドBed、風呂Bath)の構成要素になります。

ホテル選びの参考になればと思います。

f:id:TaxLab:20180425141039j:plain

ランキング結果発表

第1位… スーパーホテル

特徴

ワイドベッド・低反発マット・心地よい照明の使用で睡眠環境を整えています。
スーパーホテルのベッドは、140~150cm幅のワイドサイズの程よい硬さのオリジナルマットレスになっています。

掛けふとんはMICA加工された特別仕様で、MICA加工を施せば「寝付きが良くなる」「深い眠りを実感する」という効果があるようです。

また、天井や壁には珪藻土(けいそうど)やケナフクロスを使用し室内環境(防音・消臭)にも配慮しています。

公式ページ

スーパーホテルのぐっすり研究所|TOP

宿泊記

taxlab.hatenablog.jp

 

第2位… コンフォートホテル

特徴

ホテル独自開発のベッドパッド、ピロー&フットピロープラスで睡眠環境を整えています。
ベッドには程よい硬さのサータ社製ポケットコイルマットレスを採用しています。

こだわり寝具の一つ「チョイス ベッドパッド」*は、低反発の素材と厚さ12mmの凹凸吸収パッドが、腰や肩にかかる負担を和らげ、快眠をサポートしてくれます。

フットピロープラス(写真右)はフロントで貸し出ししています。

f:id:TaxLab:20210915102219j:plain

(画像引用:公式サイト)

また、着心地のよいナイトウェア(ワッフルガウン)で寝間着にも配慮しています。

*「チョイス ベッドパッド」はフロントで購入申し込みを受付、もしくはオンライン(下記公式ページ参照)でお買い物いただけます。

公式ページ

www.choice-hotels.jp

宿泊記

taxlab.hatenablog.jp

 

第3位… アパ(APA)ホテル

特徴

高級羽毛布団(デュベ)、遮光・遮熱カーテンを採用しています。

「Cloud fit(クラウドフィット)」*(全米トップブランドのシーリー社と共同開発のオリジナルベッド)を採用し、良質なベッドを導入しています。まるで雲の上のような柔らかな寝心地を提供しています。

また、まくらとベッド(Cloud fit)との相性を科学的に検証を行い開発したアパホテルオリジナル3Dメッシュまくら「Air Relax(エアーリラックス)」*もあるようです。
*全室導入ホテルと一部客室で宿泊プランとして導入しているホテルがあります。

公式ページ

www.apahotel.com

宿泊記

taxlab.hatenablog.jp

 

第4位… 東横INN

特徴

大き目サイズ(ダブルサイズ140㎝)のベッドを標準設置しています。日本製フランスベッドを採用(国内シェアNo.1)しています。少し硬めのマットレスを採用しているようです。

※ダイワロイネットホテルもフランスベッド社製を採用しています。

ベッド下に有効空間があり、荷物などを収納可能としています。

公式ページ

www.toyoko-inn.com

宿泊記

 

第5位… ホテル ルートイン

特徴

かなり硬めのベッドになっていますので、腰に負担がかかります。かなり好み(適性)が分かれると思います。

しかし、ワンランク上のコンフォートルーム(特別室)では腰にやさしいエアウィーブを採用しています。

公式ページ

www.route-inn.co.jp

宿泊記

taxlab.hatenablog.jp

 

第6位… ドーミーイン

特徴

標準的な硬さのベッドになっています。オーソドックスなので可もなく不可もありません。

公式ページ

www.hotespa.net

宿泊記

taxlab.hatenablog.jp

 

豆知識①:ベッドにまつわるミニ知識

・ベッドサイズ(目安)について

シングル:幅100cm、セミダブル:幅120cm、ダブル:幅140cm、クイーン幅:160cm、キング幅:180cm×200cm(長さ:共通)となります。

・世界三大ベッドブランドについて

通称「3S」と呼ばれるシモンズ(Simmons)、シーリー(Sealy)、サータ(Serta)の3社になります。
ただ、これらは全てアメリカのベッドメーカーなので、日本人の体型にフィットするかは未知数です。

・デュベスタイルについて

一般的なベッドメイクは、掛け布団とマットレスの間にシーツが挟まった「スプレッドタイプ」といわれるものです。いっぽう掛け布団全体をカバーで包む「デュベスタイル」は、寝相が悪くてもシーツがめくれず「常に体の触れる部分が清潔に保たれる」ベッドメイキングになります。布団の形状は、家庭用のものと違いベッドカバーのようにサイドに垂れがついています。その上に「フットスロー」という布がベッドカバーの代わりにベッドの下部に掛けてあります。最近流行りの人気スタイルです。

・ターンダウン(サービス)について

ターンダウン・サービスとは、夕方に客室係が部屋に来て、ベッドスプレッドをはずして寝やすいようにベッドを整えてくれるサービスのこと。全てのホテルで提供されるわけではなく、基本的にはデラックスホテルでのサービスとなります。

 

豆知識②:ルームチェンジにまつわるミニ知識

ホテルにチェックイン後、割り当てられた部屋が期待に達していないことがあります。

掃除ができていなくて汚い、狭くて外からの日差しが入ってこない、景色が悪く騒音がするなど、いろいろな理由で、部屋が気に入らなくて、ルームチェンジをしたくなる場合があります。

そんな時は、フロントに出向いて(または室内電話をして)部屋を変更してもらうことができます。

部屋の料金は同じグレードの場合は、一般的に追加料金なしで大丈夫ですが、グレードアップしたり、眺望が良い部屋、新館など設備が新しい部屋に変更となる場合は、追加料金が必要になることがあります。料金は多少アップしてしまいますが、居心地の悪い部屋に泊まるよりも、ずっと快適に過ごせて、満足いく滞在になるのでおすすめです。

 

豆知識③:ルームカテゴリー(グレード)にまつわるミニ知識

ホテルの部屋は通常、広さ、設備・機器、景観、サービス等々によって、いくつかのカテゴリーに分類されています。
下記は一般的にグレードの低い順から並べたものですが、オリジナルのネーミングがあったり、景観や立地によってさらに細分化されていたりと、とても把握しきれないほどバラエティ豊かです。クラブルームなど特定のルームゲストのみ利用できるラウンジサービスが提供されるホテルもあります。

・スタンダード(Standard Room)
・スーペリア(Superior Room)
・デラックス(Deluxe Room)
・エグゼクティブルーム(Executive Room)
・クラブルーム(Club Room)
・ジュニアスイート(Junior Suite)
・スイート(Suite)

まとめ

各ホテルとも、独自の工夫と差別化を行い、宿泊客の満足度を高める努力がうかがえます。

客室ベッドは、ホテル滞在中に長時間(睡眠時間)利用し、宿泊評価に大きく影響するため、各チェーンとも品質向上に力を入れています。最近は海外有名ベッドブランドのマットレスを導入するなど、睡眠をサポートしています。

個人的には、快眠環境は主役となるベッドはもちろん、客室内の空調環境(快適な温度・湿度調節)、防音(遮音)、遮光(照明)環境などトータルでの環境づくりが重要だと考えます。

阪急阪神第一ホテルグループのホテルブランド「remm」のように「よい眠り」をコンセプトにしたホテルも出てきています。

新しいホテルには快適な「寝室」を兼ねる上質な「客室」づくりを期待したいと思います。