Travel Club

ホテル宿泊記・都市観光記・業界ランキングなど都市観光旅行情報を発信しています。

D&S列車「特急 A列車で行こう」

 

イントロダクション

この記事では熊本県の天草(あまくさ)方面に旅行や出張の際、ぜひとも乗車してほしいD&S列車「特急A列車で行こう」をご紹介しています。

執筆者の独断と偏見で厳選したおすすめスポットです!
ご当地グルメや現地のお得情報も掲載していますのであわせてご確認ください。
※各施設・店舗の営業日・営業時間を事前に確認されることをおすすめします。

 

D&S列車「特急 A列車で行こう」

D&S列車とは

JR九州では、観光列車を「D&S列車」(デザイン&ストーリー列車)と呼んでいます。

「D」は特別な「デザイン(Design)」、「S」は沿線地域に伝わる歴史や伝説などの「ストーリー(Story)」を指し、「デザインと物語のある列車」という意味を込めています。

JR九州では、現在11のD&S列車を運行しています。※「ななつ星in九州」はクルーズトレイン

(画像:公式サイト)

※「特急A列車で行こう」の運行区間:熊本駅~三角駅(1日2~3往復、運転日注意)

 

「特急 A列車で行こう」

外観

お洒落な車体のロゴで旅のテンションが上がります。

f:id:TaxLab:20180804225845j:plain

全車指定席です。乗車前に駅の窓口等であらかじめ指定席を購入します。

f:id:TaxLab:20180804225935j:plain

※列車内では座席の指定はできませんので注意してください。

2両編成です。

f:id:TaxLab:20180804230053j:plain

※車両編成

■車内バーカウンター / 共有スペース

「ななつ星in九州」をはじめ、JR九州が運行するD&S車両デザインを手掛ける水戸岡鋭冶氏のセンスでしょうか。独創的な雰囲気になっています。南蛮文化をイメージし、天使があしらわれた天井です。色鮮やかなステンドグラスも特徴的です。

f:id:TaxLab:20180804230022j:plain

「A-TRAIN BAR」と名付けられたバーが設けられており、ベンチやソファでドリンク片手にゆったりと楽しめます。まるで「走るJAZZバー」ですね。

f:id:TaxLab:20201214142905j:plain

約40分間の列車旅を満喫できました!

■時刻表(「下り」抜粋)※1日3本のみ、運転日注意

■運賃・料金

※特急料金:片道1,140円

■車内販売しています(一部掲載)

公式サイト

www.jrkyushu.co.jp

<参考>シークルーズ(天草宝島ライン)

終点の三角駅からは、三角港で、「シークルーズ(天草宝島ライン)」に乗り継ぐことができます。

「三角港」~<前島港(片道おとな900円)を途中経由>~「本渡港」(片道大人2,200円)

※各種割引切符あり、イルカウォッチングなども開催しているようです。

f:id:TaxLab:20180804230327j:plain

 

熊本のご当地グルメ

火の国 うまや (火の国定食)

お店は、最近、熊本駅に新しくできた商業施設内(肥後よかもん市場)にあります。

f:id:TaxLab:20180805114328j:plain

火の国定食

馬刺しや辛子蓮根、だご汁など熊本名物が満載のお得な定食です。(税込1,250円)

f:id:TaxLab:20180805114353j:plain

デコポン

糖度の高いみかんジュース、熊本果実連が所有する登録商標だそうです。

f:id:TaxLab:20180804212400j:plain

熊本県は、おいしい食べ物がたくさんあるので、再訪したいです。

ホテル宿泊記は、こちら↙からご覧いただけます。 

taxlab.hatenablog.jp

 

熊本のお土産