Travel Club

ホテル宿泊記・観光スポット・ランキングをテーマにおすすめ情報を発信しています

大手ホテルチェーン ランキング(無料朝食)

 

イントロダクション

ブログ執筆者の宿泊体験をもとに、国内100店舗規模を誇るホテルチェーン*を個人的にランキングしてみました。

*ランキングするホテルチェーンは、ホテルルートイン、東横イン、スーパーホテル、コンフォートホテルを対象にしています。アパホテルは朝食有料のため対象外としています。 

この記事では、無料朝食の豪華度をランキングしています。

朝食は、ホテル運営で重要視される3B戦略(朝食Breakfast、ベッドBed、風呂Bath)の構成要素になります。

ホテル選びの参考になればと思います。

f:id:TaxLab:20180425134930j:plain

ランキング結果発表

第1位… ホテル ルートイン

特徴

常時30品目以上の豪華ボリューム・バイキング朝食を提供しています。
ご当地オリジナルメニューのあるホテルもあります(下記公式ページ参照)。

メニューは各カテゴリー(和・洋・中)ごとにバランスよく選択され提供されています。

朝からしっかりした朝食をとりたい人向きといえます。

公式ページ

ルートインのモーニングスタイルバイキング朝食 | ホテル・ビジネスホテルの宿泊予約サイト|ルートインホテルズ【公式】

宿泊記

taxlab.hatenablog.jp

 

第2位… コンフォートホテル

特徴

めずらしいメニュー(ワッフルやピラフ、スムージーなど)を提供しています。

メニューは和・洋食が程よく提供されています。

最近は洋食系に力を入れている感じです。季節ごとに世界各地を旅するような朝食フェアを開催したり、ご当地メニューも充実させるなど朝食が楽しみになります。

洋風なしっかりした朝食をとりたい人向きといえます。

※少し急ぐ朝には、ライトミールバッグ(養補助食品とお水のセット袋)のサービスがあるようです。

公式ページ

www.choice-hotels.jp

宿泊記

taxlab.hatenablog.jp

 

第3位… スーパーホテル

特徴

健康志向のメニュー(有機野菜・納豆やバター)を提供しています。

メニューは和・洋食とも提供されています。

ヘルシーな朝食をとりたい人向きといえます。

公式ページ

www.superhotel.co.jp

宿泊記

taxlab.hatenablog.jp

 

第4位… 東横INN

特徴

おふくろの味を思い出させる手作り朝食を提供しています。

メニューは品目数を絞った簡素な和・洋食が提供されています。

簡単に軽めに朝食をすませたい人向きといえます。

公式ページ

www.toyoko-inn.com

宿泊記

taxlab.hatenablog.jp

 

豆知識: 朝食にまつわるミニ知識

・ビュッフェ形式について

用意されたメニューを自由にとりわけて食べるスタイルをビュッフェといい正式な形式は立食ですが、ホテルの朝食では着席が一般的です。料理のレイアウトは、オードブル、メイン、デザートとカテゴリーごとにまとまって並んでいることが多いのでコース料理と同じ順番で食べるといいです。

・離席するとき

再び席を立つ時はナプキンを椅子の座席に置くか、背もたれにかけておくと「まだ、います」の合図になります。お皿の上にナイフとフォークをハの字に置いておくのも有効です。 

・ルームサービス

ラグジュアリーな高級ホテル宿泊の際は、あえて優雅にゆったりと食事ができるルームサービスにするのもおすすめです。部屋からの景色が良い場合にルームサービスを頼めば、お部屋がプライベートのレストランに変身します。ルームサービスに来てもらう時には、スタッフに見られて問題ない程度であればバスローブ、浴衣などで対応しても大丈夫です。

・コンチネンタル / アメリカン / イングリッシュ 各ブレックファストの違い

コンチネンタルブレックファストは、火の通らない冷たいメニュー(コールドミール)とパン類、ジュース、コーヒー、紅茶を組み合わせた朝食。

アメリカンブレックファストは、コンチネンタルブレックファストに卵料理やソーセージ、ハム、ベーコンなど火を通した温かいメニュー(ホットミール)が加わったもの。

イングリッシュブレックファストは、基本的にはアメリカンブレックファストと同じものですが、イングリッシュ・ブレックファストの場合はそこにフライドトマトやビーンズ、フライドマッシュルームなどが加わり、かなりのボリュームになる場合があります。

まとめ

各ホテルとも、独自の工夫と差別化を行い、宿泊客の満足度を高める努力がうかがえます。

集客に影響力があるとされる「朝食」については、チェーン各社は競ってメニュー充実、バリューアップ、新メニュー開発など様々な取り組みを行っています。

有料・無料(実質は宿泊料金込み)、充実・簡素なメニュー、ブッフェ・定食方式など各社の戦略に基づいた朝食サービスが提供されています。

宿泊者は自分のスタイル・嗜好を考えて、好みの朝食サービスを選ぶことになります。